*

BLUESS Laboratory

ブルースの「がらくた」実験室
 │ HOME │ PURE AUDIO │ MUSIC │ COMPUTER │ EARTH SCIENCE │ OTHERS │ BLOG TOP │

ピュアオーディオの話題

PIONEER SX-757 FM/AM RECEIVER
PIONEER SX-757 STEREO RECEIVER

// BLUESS Laboratory // ピュアオーディオ // インデックス //

カタログPDF

記事タイトル 記事概要 掲載日
A&D 総合カタログ 1987-1988 GX-Z9100 / GX-Z7100 / GX-Z5000 / GX-R75CX / GX-R65CX DP-9000 / DP-7000 DA-U7000 DA-F9000 D-9000 DA-A9500 / DA-P9500 DA-U11AV / DP-L1000 DC-138 / DC-135 / DC-129

D-9000 / D-930 / DP-9000 / DP-7000 GX-Z9000 / GX-Z7000 / GX-Z5000 / GX-R75CX / GX-R65CX GX-COMPO 930 / 830 / 730 DA-U11AV DP-L9000 DC-138 / DC-135 / DC-129 FR-5
2013/02/20
DENON カタログ 1985年2月 PMA-960 PMA940V PMA-930V
TU-950 TU-920 、AVC-500
2012/02/11
ONKYO カタログ 1981年9月 A-815GT A-817GT A-819GT A-820GT
T-425 T-427 T-429 T-417 T-419
2010/11/23
PIONEER 総合ステレオアンプカタログ 1970年7月? SX-100S SX-90 SX-65 SX-45 2013/09/01
PIONEER レシーバーカタログ 1973年10月 SX-818 SX-717 SX-616 SX-515 SX-414 SX-300
QX-704 QX-604 QX-401
2014/06/22
PIONEER レシーバーカタログ 1974年5月 SX-818 SX-717
SX-737 SX-636 SX-535 SX-434 SX-300
QX-704 QX-604 QX-401
2014/04/27
PIONEER レシーバーカタログ 1976年1月 SX-757 SX-555 2009/08/09
PIONEER カタログ 1974年1月 SA-910 SA-810 SA-710 / TX-910 TX-810 TX-710 2009/07/20
PIONEER アンプチューナー
総合カタログ 1976年10月
SA-9900 SA-9800 SA-8900U SA-8800U SA-6800U SA-6600U
TX-9900 TX-8900U TX-8800U TX-6800U TX-6600U
2009/08/09
PIONEER カタログ 1977 TX-9900 TX-8900U TX-8800U TX-6800U TX-6600U 2006/12/26
PIONEER カタログ 1981年2月 A-980 A-780 A-570 A-470 A-900 A-700 A-500
F-780 F-570 F-700 F-500 他多数
2009/07/04
PIONEER カタログ 1985年3月 A-150D A-120D A-200 A-100 F-120D F-100D 他多数 2009/08/08
SANSUI 総合カタログ 1984年2月 AU-D907X AU-D707X AU-D607X AU-D507X / TU-S707X TU-S507X 2010/04/29
SANSUI 総合カタログ 1987年10月 AU-α907i AU-α707i AU-α607i AU-α507i / TU-α707i TU-α507i
DA-α607i VS-α607i
2010/04/29
SONY チューナーカタログ 1974年1月 ST-5000F ST-5130 ST-5140 ST-5150 ST-5055A ST-5066 2009/07/31
SONY チューナーカタログ 1974年5月 ST-5000F ST-5130 ST-5150D ST-5070 ST-5090 2010/11/23
SONY カタログ 1977年6月 TA-F7B TA-1120F TA-5950 TA-4950 TA-E7B TA-2000F TAE-5450
TA-N7B TA-3200F TAN-5550 ST-A7B ST-5000F ST-5950 ST-4950
STR-7035 STR-7025 SQD-2010 TA-4300F その他多数
TA-F7B TA-F6B TA-F5 TA-F4 ST-A7B ST-A6B ST-A5 ST-A4
TA-E88 TA-E7B TA-N88 TA-N7B その他多数
2009/03/08
SONY ESテクノロジーカタログ 1987年10月 TA-F555ESXU TA-F333ESXU TA-F222ESX ST-S333ESXU ST-S222ESX 2007/09/02
TRIO カタログ 1973-1974 KT-6005 KT-4005 / KT-9007 KT-7007 KT-5007 KT-3007
KA-6004 KA-4004 / KA-9006 KA-7006 KA-5006 KA-3006
2007/09/08
TRIO カタログ 1973年4月 KA-8004 KA-6004 KA-4004 KA-3004 KA-2002A
KT-8005 KT-6005 KT-4005 KT-2001A KR-4200 KR-3200 KR-2300
2006/12/13
TRIO カタログ 1974年7月 KA-9006 KA-7006 KA-5006 KA-3006
KT-9007 KT-7007 KT-5007 KT-3007
2007/09/08
TRIO カタログ 1976年5月 KT-7700 KT-7500 その他 2006/12/07
TRIO KT-7700専用カタログ 1976年3月 KT-7700 KT-7500 KT-5500 2009/08/08
TRIO カタログ 1979年2月 KT-9900 KT-9700 KT-8300 KT-8100 KT-8000 KT-7700 KT-7300 KT-7100 KT-6100 KT-5500 KT-5300 KT-5100/KT-5100G KT-4700/KT-4700G KT-3300 KT-3100/KT-3100G
KA-9900 KA-9300 KA-8700 KA-8300 KA-7700D KA-7300D KA-7300 KA-7100D KA-6100 KA-5300 KA-5100/KA-5100G KA-4500/KA-4500G KA-3300 KA-3100/KA-3100G その他
2006/12/03
KENWOOD カタログ 1985年1月 KT-3030 KT-2020 KT-1010U KT-880
KA-1100SD KA-990SD KA-880SD
2007/02/09
KENWOOD カタログ 1986年11月 D-3300T KT-1100D KT-1010F KT-880F 2008/12/29
YAMAHA カタログ 1975年11月 CA-X1 CA-1000II CA-800II CA-600 CA-400
CT-X1 CT-7000 CT-800 CT-600 CT-400
2011/02/27
YAMAHA T-9専用カタログ 1979年10月 T-9 (詳細な技術解説書です) 2008/11/16

ラジオ

記事タイトル 記事概要 年月日
SONY ICF-C1200 出張のお供。海外でも使えるコンパクトなFM/AMラジオです。災害時に役立つ、、 2011/03/15
Radio SHARK 2 Mac/Win両対応のUSB接続FM/AMラジオです。留守録やタイムシフト再生など・・ 2008/05/01
SHARP/FV-L2-S FM文字多重放送に対応した「見えるラジオ」です。青いバックライトがステキな・・ 2008/07/19

デジタルオーディオプレーヤー

記事タイトル 記事概要 年月日
Apple iPod shuffle 第4世代でした。500円で買ったジャンク品ですが無事に使えました、、 2014/05/25

ミニコン・シスコン

記事タイトル 記事概要 年月日
KENWOOD RD-VH7PC かつてSOTEC/KENWOODで発売されたミニコンのCDレシーバー部です。実はUSB・・ 2010/08/29

オーディオ用レコーダー

記事タイトル 記事概要 年月日
DENON Professional DN-500R (1) 業務用のSD/USBレコーダーです。最大の特徴はタイマー録音できること、、 2014/02/02
DENON Professional DN-500R (2) 64GBのUSBメモリーと32GBのSDHCカード、運用方法が固まってきました、、 2014/03/02
DENON Professional DN-500R (3) ファームウェアのアップデート。製品情報ページのアドレスが変わってる、、 2015/05/03
Panasonic RR-RS150-K ラジオ録音型のICレコーダーをモニター価格で買いました、、 2011/09/14
SANYO ICR-PS401RM ビジネス用のICレコーダー2。家電量販店の展示処分品で入手しました、、 2011/07/09
SANYO ICR-PS511RM ビジネス用のICレコーダーですが、外部入力をタイマー録音(LPCM)できる優れもの、、 2011/06/12
SONY 新製品情報 NAC-HD1 ハードディスクオーディオレコーダーの新製品情報に接しました。 2007/04/25
SONY 新製品情報 NAC-HD1 (2) 追記・・07年5月19日、家電量販店で実機を触ってきました・・ 2007/05/20
YAMAHA CDR-HD1500 FMエアチェック用に使用しいてるHDD内蔵CDRレコーダーの紹介 2006/11/10
YAMAHA CDR-HD1500 (2) 後継機種に期待したい機能は・・ 2006/11/12
YAMAHA CDR-HD1500
  HDDリムーバブル計画
残り容量が少なくなったハードディスクをリムーバブル化する実験 2008/11/23
YAMAHA CDR-HD1500
  HDDリムーバブル計画(2)
IDEケーブルを根元から交換、そしてついにDACの型番を確認・・ 2008/11/30

テレビ用 HDD/DVDレコーダー

記事タイトル 記事概要 年月日
Panasonic DMR-XP200 地デジ対応のHDD/DVDレコーダーです。ゴルフコンペの賞品に当たっちゃいました・・ 2010/01/30
TOSHIBA RD-H1 2005年製、2550GBのHDDだけを搭載したTV録画用レコーダーです、、、 2011/09/19
TOSHIBA RD-X5 2004年11月発売、当時のフラッグシップ機です。目的はもちろん、、、 2011/06/26
TOSHIBA RD-XS53 アナログTV専用レコーダーでFMエアチェックしてみよう・・という実験です。 2010/02/14

AVセレクター

記事タイトル 記事概要 年月日
DN-RS30R / EVERGREEN 光端子・S端子にも対応したリモコン付きAVセレクター、激安です、、 2011/08/13

レコードプレーヤー

記事タイトル 記事概要 年月日
Lo-D AD-093 自走式レコードクリーナーという商品です。動いている様子を動画で紹介・・ 2007/07/13
SONY PS-X6 ジャンク機として入手しましたが動作は正常。外観をピカピカに磨きました。 2017/03/12
Technics SL-5 1981年製、LPジャケットサイズのフルオートプレーヤーです。525円のジャンク品を、、 2012/04/22
Victor QL-Y7 1981年、大阪日本橋の電気街で購入した・・・取説PDF、カタログPDF 2007/01/02
Victor QL-Y7 修理調整記録1 ターンテーブルが回転しない、アームが動かない、、絶不調からの修理調整記録です。 2017/03/05

CDプレーヤー

記事タイトル 記事概要 年月日
DENON DCD-1650GL修理記録 光学ピックアップ、ローディングベルトなどの交換記録・・取説PDFあります 2007/06/12
SANSUI CD-α717D EXTRA トレイが開かないジャンク品の修理記録。バンコードでトレイベルトを自作・・ 2010/12/22

DVDプレーヤー

記事タイトル 記事概要 年月日
TOSHIBA SD-9500 DVDプレーヤーですが、上質な外部DACとして機能します。満足度高いです・・ 2007/06/27

ヘッドホン

記事タイトル 記事概要 年月日
SONY MDR-CD900ST 超定番のスタジオモニター用ヘッドホンです。どこのレコーディングスタジオにも・・ 2007/09/24
SONY MDR-CD900ST メンテナンス記録 イヤーパッドとウレタンリングを交換しました 2013/09/15
ラトックシステム RAL-2496HA1 USB接続のヘッドホンアンプです。見た目はチープな感じ、、 2010/06/27
Focusrite VRM BOX USB接続のヘッドホンアンプです。VRM機能が面白いです、、 2012/01/28

カーオーディオ

記事タイトル 記事概要 年月日
体験記:ETCエラー ゲート通過直後、ETC車載器から「ピーッ!ピーッ!」と異常音が鳴り響く・・何事だ?? 2009/10/24
FM de TITLE / D-GPS 6年ぶりに新車に乗り換えたら NHZT-W58(富士通テンのOEM品)が・・ 2008/08/02

バリコン式チューナー

記事タイトル 記事概要 年月日
Aurex ST-220 MPX-ICとしてTA7157Pが使われていました。新しい発見です。 2014/08/03
Aurex ST-420 フロントパネルが特徴的な1976年製巨艦チューナーです、、 2012/04/07
DENON TU-501 1976年製、回転ドラム式スケールが特徴のFM/AMチューナーです、、 2012/04/15
DENON TU-530 ハードオフで買った正体不明機でしたが、緑色照明がきれいで・・ 2010/01/24
DENON TU-850 1977年製、回転ドラム式スケールが特徴的な FM専用機です、、 2013/03/02
DENON TU-850 修理調整記録 修理調整作業のご報告です。2SC1313は怪しいです。 2015/04/19
DENON TU-850 修理調整記録2 取扱説明書(日本語版)、サービスマニュアル(英語版)入手しました 2016/03/27
DENON TU-900 5連バリコン搭載の機種で・・カタログPDFあり 2006/11/26
DIATONE DA-F10 回転式の周波数表示窓が特徴的な機種です。BA1310搭載でした、、 2014/06/01
Harman Kardon T610 1982年製、高性能は期待できないけれど面白い機種。PLL-MPX:KB4437=PA1001 2011/04/10
Lo-D FT-420 1976年Lo-D製チューナーです。フロントパネルにPLL MPXと表示があります。 2014/11/09
LUXMAN T-110 高校生のころ憧れていたT-110をついに入手しました、、、 2011/04/17
LUXMAN T-110 メンテナンス記録(1) GWの休暇を利用してメンテナンス作業開始、、 2011/05/01
LUXMAN T-110 メンテナンス記録(2) フロントパネルの照明を細工しましたが、、あれ??白じゃないの?? 2011/05/03
LUXMAN T-110 メンテナンス記録(3) 無水アルコールで拭いたら何と!!! 白から黒へ、、、ビックリしました!! 2011/05/05
LUXMAN T-110 2号機 T-110の調整作業をお引き受けしました。パネルデザインが異なりますね、、 2011/06/08
LUXMAN T-110 3号機 後期型は改良型だった、、当時のお話をいろいろお聞きできました、、 2013/12/22
LUXMAN T-300V 雰囲気抜群の昭和の香り漂うオールド巨艦チューナーですが、、ちょっと問題が、、 2012/02/26
LUXMAN T-300V (2) FM多重放送に起因すると思われるノイズ問題の研究、続編です。 2012/03/10
LUXMAN T-300V (3) FM多重信号を発生する測定器を入手しました。早速 T-300Vで実験したところ、、 2012/05/06
LUXMAN T-300V 2号機 シリアルナンバー9番違いの2号機を入手、やはりノイズ発生、、 2013/03/17
LUXMAN T-88V 1号機 フロントパネルのガラスが割れたジャンク品ですが、50周年記念モデル、、 2012/07/14
LUXMAN T-88V 2号機 なんとチューニングノブが無い!! 1号機とニコイチ合体しました、、 2012/07/21
Marantz SH-T10 豪華ウッドケースに納まった7連バリコン搭載機です、、 2014/05/11
Marantz ST-8mkII オシロスコープ搭載、見ていて飽きない上品な機種でした。 2017/01/22
NIKKO FM TUNER GAMMA I 1978年頃の製品です。ニッコー製チューナーを初めて見ました。 2016/09/18
ONKYO Integra T-455 1971年頃の製品です。FMアンテナ端子がM型でした 2015/03/29
ONKYO Integra T-466 電源コードの印字は1973。T-455の弟機ですが、見た目はそっくりです。 2015/07/19
ONKYO Integra T-455NII 1975年製。FM5連バリコン搭載機です。最大の特徴はクリスタルロック・・・ 2009/10/11
ONKYO Integra T-7 1976年製。FM4連バリコン。T-455NIIと同じクリスタルロック機でした・・・ 2010/12/11
ONKYO Integra T-416 1980年発売、FM4連AM2連バリコン、すっきりデザインが好印象、 2014/01/13
OTTO FMT-1100 1973年頃のオールドチューナーです。照明窓がとても美しい、、 2016/09/11
OTTO FMT-1301 OTTO(オットー)。これは SANYO のオーディオブランドでした。懐かしい、、 2015/09/20
OTTO FMT-V3 見た目はシンセチューナーですが、中身はバリコン機です。 2016/02/07
PIONEER F-005 当初はOSC発振部の故障かと思いましたが、原因は調整ズレでした、、 2017/07/09
PIONEER F-007/F-26/TX-8900 分布定数形遅延線検波を搭載したPIONEERの3台を比べてみました、、 2012/02/22
PIONEER F-007 修理調整記録1 貴重なF-007です。受信不能機を修理した記録です。 2016/11/27
PIONEER F-26 サービスマニュアル購入記録 1977年当時の定価135,000円。入手を機にサービスマニュアルを捜索・・ 2010/09/12
Pioneer F-26 メンテナンス記録(1)清掃編 ヤニ汚れで黄ばんでいたボディを徹底的に磨きあげました・・ 2010/09/19
Pioneer F-26 メンテナンス記録(2)検波回路の研究 パラレル・バランスド・リニア・ディテクタって何??分布定数形遅延線検波の一種、、だそうです。 2010/09/29
PIONEER F-73 中身は TX-8800II とほぼ同じでしたが、フロントフェイスが引き締まって見える、、 2013/08/11
PIONEER F-700 再調整記録 F-700のサービスマニュアルを入手しました・・ 2010/05/23
PIONEER F-700 1980年製、7連バリコン搭載FM専用機。パルスカウント検波を採用した・・ 2008/03/02
PIONEER F-500 1979年製5連バリコン搭載チューナーです。何とチューニングつまみがありません・・ 2007/08/13
PIONEER F-500 修理調整記録 バリコン軸にガリ発生源。再調整で良い音になりました。 2016/07/03
PIONEER F-700/F-500 パイオニア製パルスカウント検波チューナー2台を比較しました。 2009/05/17
PIONEER F-1500 1977年発売の廉価機です。外観と中身はTX-7600とまったく同じでした。 2014/12/28
PIONEER TX-90 1969年頃の製品です。FMアンテナ端子がBNC仕様、、、 2015/03/22
PIONEER TX-100 1971年頃の高級機です。不調箇所を修理して蘇りました。 2016/03/13
PIONEER TX-710 1970年代前半のパイオニアチューナー3機種が揃いました、、 2013/10/20
PIONEER TX-810 1974年製、TX-910の弟機。MPX部がPLL化されていないのが残念ですね。 2011/12/11
PIONEER TX-810 修理記録 AM部不調の原因は AM部IC HA1138 の故障でした。交換して修理完了、、。 2011/12/23
PIONEER TX-810 2号機 この時期のパイオニアチューナーは青色照明がとってもステキ! 2013/10/13
PIONEER TX-910 日本初、MPX部をPLL化したICを搭載したチューナーです。 2010/12/30
PIONEER TX-910/810/710比較 TX-910、TX-810、TX-710 3機種の比較まとめ一覧表です。 2013/10/27
PIONEER TX-7600 とてもシンプルな入門機。部品取り用に確保したジャンク機です。 2014/08/31
PIONEER TX-8800II 故障品を買ったのですが、、なぜかちゃんと動作するチューナーでした?? 2012/02/19
PIONEER F-8800X 8800シリーズですが 型番は TX ではなく F から始まります、、 2014/09/28
PIONEER TX-8900 分布定数形遅延線検波という珍しい検波方式を採用したチューナーです、、 2012/02/04
PIONEER TX-8900II TX-8900の改良型。フロントデザインはすっきりしています。内部は、、 2014/07/27
ROTEL RT-1024 FMドルビー放送対応。フロントパネルに並んだ4個のメーターが精悍な印象です。 2015/01/04
ROTEL RT-1220 1973年ころのオールドチューナーです。この雰囲気がたまりません、、 2016/01/17
SANSUI TU-5900 1976年頃の製品です。TU-707の前世代でしょうか。雰囲気の良い機種です。 2017/03/19
SANSUI TU-777 1968年頃のオールドチューナーです。丸窓が可愛らしい、、 2016/08/28
SANSUI TU-707 1977年製4連バリコンのチューナーです。取扱説明書PDFあります。 2007/01/19
SANSUI TU-707 メンテナンス記録 受信調整の手順をまとめました。 2011/02/26
SANSUI TU-X1 1号機 サンスイ製高級機のTU-X1です。デカイ、重い、想像以上の巨艦です。 2015/08/30
SANSUI TU-X1 2号機 部品取り用にお預かりした2号機を整備した記録です。 2015/09/06
SANSUI TU-X1 3号機 過去にひどい傷を負ったTU-X1が蘇りました。 2016/01/24
SONY製チューナー
セラミックフィルター考察
ST-5000F、ST-5130、ST-5150Dのセラミックフィルターを比較。ST-5130再調整も 2009/08/01
SONY ST-5090 部品取り用に確保した機種ですが一通り整備しました。 2015/05/17
SONY ST-5000 型番にFが付かない ST-5000の調整記録です。苦戦しました、、 2015/06/07
SONY ST-5000F 1969年製、5連バリコン搭載FM専用機。ついに私のところにやってきました・・ 2008/05/18
SONY ST-5000F 3号機 ST-5000F 実は3台目です。ジャンク品を見かけると、つい買ってしまいます・・ 2009/09/22
SONY ST-5000F 3号機
トランジスタ交換
「ボソッボソッ、ガサゴソ・・」とノイズ発生。どうやらMPX基板が怪しそう・・ 2009/11/07
SONY ST-5000F 3号機
電源スイッチ
電源スイッチが、、、コラ!!何てことするんだ!!、、という状態で戻ってきました、、 2010/12/26
SONY ST-5000F 4号機 不動品を修理した記録です。 2017/08/20
SONY ST-5130 初期型 バリコン式アナログチューナーの勧め 2006/10/12
SONY ST-5130 初期型 2号機 電源が入らないという故障品を入手して整備した記録。 2013/09/08
SONY ST-5130 初期型 3号機 ヤフオクで入手したジャンク品の修理記録。 2017/05/14
SONY ST-5130 後期型 2台目の確保です。でもよく見ると外観や内部回路に結構違いがあります・・ 2008/06/21
SONY ST-5130 3号機メンテナンス記録 ミューティング回路の不調でした。2SK23Aを交換して復旧しました・・ 2011/11/12
SONY ST-5130 2台修理記録 ST-5130後期型2台を整備しました。通気口の無いボディを初めて見ました。 2015/02/15
SONY ST-5140 ST-5130、ST-5150、ST-5150Dに続いて兄弟機が揃いました・・ 2009/09/16
SONY ST-5140 2号機 部品取りのつもりでしたが、外観がきれいなので整備しました・・ 2013/08/25
SONY ST-5140 修理記録 修理依頼品の作業報告です。ちょっと難航しましたが作業完了です。 2014/10/19
SONY ST-5140 修理調整記録2 修理依頼品の作業報告です。ST-5150のメーターを移植しました。 2016/10/23
SONY ST-5150 プリメインアンプTA-1150とセットで人気のあった1973年の機種です・・・ 2008/08/10
SONY ST-5150 修理調整記録1 ウッドケースに納まったワンオーナー品の修理調整を承りました、、 2015/03/15
SONY ST-5150 修理調整記録2 ウッドケースに納まったワンオーナー品です。ほぼ無傷で超美しい!! 2016/05/22
SONY ST-5150 修理調整記録3 ワンオーナー品の修理調整記録です。 2017/06/04
SONY ST-5150D SONY ST-5150の後継機。背面にFM DET OUT端子があるので例の・・ 2009/04/18
SONY ST-5150D 2号機 1974年製、約40年前の製品が無事に動作しています、、 2013/05/05
SONY ST-5150D 修理調整記録1 修理調整作業のご報告です。各部調整しました。 2015/05/10
SONY ST-5150D 修理調整記録2 調整依頼品のご報告です。良い性能を取り戻しましたと思います。 2015/05/31
SONY ST-5150D 修理調整記録3 修理依頼品の作業報告です。緑色の照明窓が最高です。 2016/11/20
SONY ST-5950 照明が車のルームランプと同じ・・ 2006/12/02
SONY ST-5950 修理記録 修理委託品です。FM受信不調でしたが原因は意外なところにありました、、 2014/07/13
SONY ST-A40 1996年頃の製品です。薄型でシンプルな構成の機種でした。 2017/04/09
SONY ST-A5 7連バリコン、FM専用という宣伝文句に踊らされてはいけません。 2006/12/28
SONY ST-A5 2号機 見た目最悪のジャンクでした。故障品かと思ったら動きました・・ 2009/11/29
SONY ST-A6B 7連バリコン搭載FM専用機、ガンメタフェイス、カッコいいですね、、 2015/08/23
kencraft GT-810 kencraft はTRIOの自作キット製品のブランドです。 2012/10/28
kencraft GT-811 リサイクルショップで廃棄品を貰ってきました。通電すると危険!! 2015/02/22
KENWOOD L-01T 1979年、定価160,000円の高級機です。FM多重放送に起因するノイズ問題が解決?? 2014/11/16
KENWOOD L-01T 修理調整記録2 バリコン軸のプーリーが外れていた故障品を修理しました。 2015/11/08
KENWOOD L-01T 修理調整記録3 チリチリノイズ源はまたフィルターでした。MUTING動作不良もあって結構苦労しました。 2016/05/29
KENWOOD L-01T 修理調整記録4 今回は特に不具合なく、再調整だけで良い音になりました。 2016/12/18
TRIO KT-700 不動品の修理記録。原因は電源スイッチ内部の接触不良、、 2015/07/26
TRiO KT-990 KT-1000をそのまま薄型にしたようなデザインです。ジャンク品ですが、、 2012/06/03
TRiO KT-990 修理調整記録1 KT-900ジャンク機から部品を移植してKT-990が復活しました。 2013/12/28
TRiO KT-990 修理調整記録2 前面ガラス張りのデザインがカッコいい。故障原因はOSCトリマの容量抜け、、 2014/05/18
TRiO KT-990 修理調整記録3 修理依頼品の作業報告です。故障原因はまたもOSCトリマの容量抜けでした。 2015/06/28
TRIO KT-1000 1980年製FM5連バリコンの機種です。MPX用IC[HA11223W]が2個並んでいます・・・ 2009/01/03
TRIO KT-1000 修理記録 知人からKT-1000の修理調整を頼まれました、、 2012/12/24
TRiO KT-1100 1982年、これが最後に購入したバリコンチューナーです・・ 2007/01/07
TRiO KT-1100プチ改造 KT-1100のFMアンテナ端子をRCAJ-FJ変換アダプタで改造・・ 2007/01/07
TRiO KT-1100 メンテナンス記録 FM受信が不調になったKT-1100をメンテナンス記録、L6を交換、、 2011/07/03
TRiO KT-1100 修理記録 修理依頼品です。上記メンテナンス記録と同じ症状でした、、 2014/07/06
TRiO KT-1100 修理記録 (2) 修理依頼品の作業報告です。例によって局発トリマの故障でした。 2014/10/12
TRiO KT-2200 外観は KT-1100 とソックリ、でも中身は KENWOOD L-03T と同じ、、、 2011/10/09
TRiO KT-2200 修理調整記録 周波数目盛りを刻んだプレートの接着不良、この機種の弱点のようです。 2016/02/14
TRIO KT-3300 見た目はコストダウン機そのもの。でも内部構成は、、 2015/05/24
TRIO KT-4700 入門機の位置付けですが、オートチューニング搭載機でした。 2016/06/05
TRIO KT-5500 1975年製、FM専用5連バリコン搭載チューナー。ボディは小型で、、 2011/09/24
TRIO KT-5500 修理調整記録1 全幅380mmのコンパクトボディですが実力十分、照明も綺麗、、 2017/02/05
TRIO KT-7100 1977年ころ、定価39,800円の入門機です。デザインが良いので安物感がないです。 2014/11/30
TRIO KT-7100 修理調整記録 発売当時に購入して長く愛用されている機種の修理を承りました、、 2015/11/22
TRIO KT-7500 KT-7700と同時期の製品ですね。調整作業をお引き受けしました。 2013/11/17
TRIO KT-7500 2号機 1975年発売、実験用に寄付していただきました。KT-7700との比較を、、 2014/04/06
TRIO KT-7700 パイロットランプ(LED)の修理記録 2006/10/22
TRIO KT-7700 調整記録 KT-7700の輸出モデルKT-8300のサービスマニュアルを利用してついに調整作業を・・ 2008/01/26
TRIO KT-7700 修理調整記録2 いくつか不具合がありましたが、何とか修理できました。 2016/04/24
TRIO KT-8000 1977年製、中級機で初のパルスカウント検波チューナー、、 2011/05/23
TRIO KT-8000 2号機 修理記録 修理依頼品です。MPX-IC HA11223を交換して直りました。 2014/12/21
TRIO KT-8000 3号機 部品取りのつもりで入手した故障機を復活させた記録です。 2015/01/25
TRIO KT-8100 パルスカウント検波搭載、KT-8300の弟機という位置付けですね。 2014/12/07
TRIO KT-8100 修理調整記録 修理依頼品の作業報告です。不具合多数でしたが何とか復活しました。 2015/07/12
TRIO KT-8300 オールド・トリオの香り漂うパルスカウント検波チューナーです。 2009/06/07
TRIO KT-8300 2号機 近所のリサイクルショップでジャンク品を確保、、 2014/06/15
TRIO KT-8300 3号機 パルスカウント検波部のLPFを研究しました。勉強になりました。 2014/12/13
TRIO KT-9700 謹賀新年、今年は念願のKT-9700からスタートです。 2017/01/01
TRIO KT-9900 1978年発売、当時の定価20万円の超高級機です。パルスカウント検波の、、 2015/10/04
TRIO KT-9900 2号機 偶然にも2台続けてKT-9900の修理調整を承りました。 2015/11/15
TRIO KT-9900 3号機 3代目のKT-9900ですが、やはりNHK-FMのノイズは解消できません。 2016/11/13
TRIO KT-9900 4号機 不調原因はパルスカウント検波回路のLPFの故障でした。このLPFはそろそろ寿命か? 2017/08/13
TRIO KT-6005 不具合がいくつかありますが、修理したいと思います・・ 2006/12/13
TRIO KT-5007 FM3連AM2連バリコン搭載。レシオ検波、HA1156、分解記録です。 2011/02/16
TRIO KT-7007 上位機KT-9007の簡略版という感じです。下位機KT-5007とは別物でした。 2012/03/21
TRIO KT-9007 1974年製当時の定価90,000円。今の金銭感覚なら20万円と思えば・・ 2009/07/05
TRIO KT-9007 修理調整記録 発売当時に購入したという大切なチューナーを修理調整しました。 2016/07/10
TRIO KT-5000 結果的に3台のKT-5000を診ることになりましたが、3台とも様子が違う、、 2015/08/02
TRIO KT-8001 1971年製、KT-8001の修理調整を承りました。さて、直せるか?? 2013/09/28
TRIO KT-8001(2) 続編です。FMは修理調整完了しました。AMは、、 2013/10/06
TRIO KT-8001(3) トランジスタやコンデンサ交換など追加メンテナンス実施。 2013/12/01
80年代のバリコンチューナー3台 アナログチューナー終焉期の3台(TU-900/KT-1100/F-700)を比較してみました・・ 2008/06/29
Technics ST-3500 外観は ST-8200、ST-8600によく似ています。IF段が2系統あって、、 2012/09/16
Technics ST-8077 調整記録 1978年製、テクニクスの薄型アナログチューナーです。ルックスは抜群です・・ 2008/02/10
Technics ST-8200 1975年製4連バリコン搭載。FMローノイズ録音・再生方式のエアチェック機・・ 2007/10/04
Technics ST-8600 1975年製FM5連バリコンの機種です。ST-8200から部品を移植して復活・・・ 2008/09/07
Technics ST-8600 修理調整記録 中古品をいただいたのでキチンと記録を残しておきます。 2016/12/25
Technics ST-9030T 1976年発売、FM専用8連バリコン、定価80,000円、念願の30Tがついにやってきた! 2014/01/26
Technics ST-9030T 修理調整記録1 調整依頼品です。周波数ズレ、調整ズレなど改善しました。やはり良い機種です。 2014/08/10
Technics ST-9030T 修理調整記録2 電解コンデンサー全交換済みの個体でした。ボディ色と照明色が絶妙ですね 2017/02/26
Technics ST-9300 1975年発売、FM専用7連バリコン、定価128,000円の高級機がついにやってきた! 2014/01/04
Technics ST-C01 1978年製テクニクスコンサイスシリーズのチューナーです。取扱説明書PDFあります。 2007/05/06
VICTOR JT-V6 かなり古そうな機種でしたが復調部はHA1156でした。まだ使えますね。 2014/09/07
VICTOR JT-V45 修理調整記録1 修理調整作業のご報告です。意外にも7連バリコン搭載FM専用機でした。 2015/04/26
VICTOR JT-V45 修理調整記録2 修理調整作業のご報告です。故障原因が複数あってちょっと苦戦しました。 2015/08/16
Victor T-55 HOで見つけたジャンク品です。見た目はT-2020そっくりです。 2015/10/18
Victor T-2020 民生機初のPLL検波搭載とされるバリコンチューナーです 2009/07/12
Victor T-2020 3号機 ジャンク機を入手して再生した記録です、、 2014/04/20
YAMAHA CT-600 ジャンク品を入手しました。既に持っているCT-800と比較してみました。 2008/07/05
YAMAHA CT-600修理調整記録 フロントエンドやチューナー基板はレシーバーCR-600と同一でした。 2016/10/02
YAMAHA CT-700 CT-800/600よりも一世代前の機種です。CR-700のチューナー部と同じ構成、、 2015/02/01
YAMAHA CT-800 1974年製4連バリコン搭載。白木のウッドケース、パネルともほぼ無傷です!!! 2007/08/14
YAMAHA CT-800 電源基板 YAMAHAの古いチューナーを引っ張り出してきました・・ 2009/12/31
YAMAHA CT-1000 MPX部にLA3350が使われている機種です。 2013/05/25
YAMAHA CT-R1 1978年製、外観は大型CTシリーズ、中身は薄型Tシリーズのチューナーでした・・ 2010/08/07
YAMAHA T-1 1977年製、AMAHAのT一桁シリーズ1号機です。薄型ボディに細身の上品な脚・・ 2009/10/27
YAMAHA T-1 修理調整記録 エメラルドグリーンの照明窓が美しいT-1です。指針も塗り直しました。 2015/11/03
YAMAHA T-2 ついにT-2に触れる機会をいただきました、 2015/12/13
YAMAHA T-2 修理調整記録 修理依頼品の作業報告です。電源回路のトランジスタ1個交換しました。 2016/10/30
YAMAHA T-3 5連バリコン搭載、FM専用チューナーです。回路構成はT-1とほぼ同じで・・ 2009/12/09
YAMAHA T-4 搭載するバリコンユニットはT-7と同型でした。LA3380=IG-02920・・ 2010/02/27
YAMAHA T-4DB 型番からはT-4を連想しますが、中身はT-5に似ている、、 2016/12/04
YAMAHA T-5 FM3連AM2連バリコン搭載、当時の定価32,000円のエントリーモデルですが・・ 2009/12/30
YAMAHA T-7 バリコン機ながらメモリー登録可能、モータードライブで自動選局・・ 2009/04/26
YAMAHA T-7 2号機 ヤフオクで入手した故障品でしたが、何とか復活できました・・ 2010/02/07
YAMAHA T-9 1979年製当時のYAMAHA最高級チューナーです。ようやく音が出ました・・ 2009/08/15
YAMAHA T-9 修理調整記録1 モータードライブは不調ですが、チューナーとしては正常動作しています 2016/08/14
YAMAHA T-9 / T-7 比較 内部比較写真集、スペック比較表、LC7200電圧測定表などまとめました・・ 2009/08/22

シンセサイザー式チューナー

記事タイトル 記事概要 年月日
FPGA FMチューナ 1号機 FPGAチューナーを製作しました。ウワサ通りの高性能に感激!! 2012/09/08
FPGA FMチューナ 1号機(改) FPGAチューナーのプログラムを最新版に書き換えていただきました。 2015/09/27
FPGA FMチューナ 2号機 調子に乗って2台目。10.7MHzを使ったハイブリッド化を目指して実験中、、 2012/10/07
FPGA FMチューナ 2号機(改) フルカバレッジ版を組み込むケースを作ってみました、、 2015/10/25
Accuphase T-106 意外な発見! AMはシンクロナス検波、これは同期検波でした。 2016/05/15
AKAI AT-S61 AKAI製オーディオタイマー DT-320 と接続するとプログラム制御できる・・ 2011/07/24
Aurex ST-55 Aurexはオーディオ全盛期の東芝ブランドで、1980年のグッドデザイン賞を・・ 2008/07/26
Aurex ST-630 1977発売、シンセチューナー黎明期の製品です。なかなかかっこいい、、 2013/06/08
Aurex ST-720 1975年製、シンセチューナー黎明期の製品です。チューナーとは思えない外観、、 2016/03/20
A&D DA-F9000 赤井電機渾身の傑作DA-F9000、超マイナー機種ながらKT-1100Dよりも・・ 2007/04/22
A&D DA-F9000メンテナンス記録(1) フロントエンド部の3SK107を交換。今後のメンテナンス記録はここに追記します。 2010/03/13
A&D DA-F9000メンテナンス記録(2) 今回はフロントエンドOSC発振停止、、、VC5の接触不良でした、、やれやれ、、 2011/05/11
A&D DA-F9000 修理調整記録 受信中にノイズが発生するそうですが、こちらでは確認できませんでした。 2016/03/06
A&D DA-F830 見た目は AKAI AT-M712 と同じ。でも中身は全く別物でした、、 2013/03/31
AKAI AT-M712 タイマー内蔵のFM/AMチューナーで、背面に4個のアウトレット装備、、 2013/01/27
DENON TU-7.5L 今では珍しいAMステレオ対応機です。本当にステレオで聴こえるんですね・・ 2007/07/03
DENON TU-1500 1998年発売、貴重なAMステレオ対応機です。 2013/11/03
DENON TU-M100 AMステレオ対応、しかもフルコンポサイズで「見えるラジオ」が見える希少機種 2011/01/09
DENON UTU-F07 ミニコンポの一部ですが、FM補完放送が受信できる機種です。 2016/02/21
KENWOOD D-3300T 海外版は KT-3300D、スッキリした型番ですが国内機は D-3300T です。 2015/09/13
KENWOOD D-3300T 修理調整記録 ケンウッドの高級機。再調整で良い性能を取り戻しましたと思います。 2017/04/30
KENWOOD D-3300T 修理調整記録2 同調点が大きくズレていましたが、再調整で蘇りました。 2017/08/06
KENWOOD KT-727 DLLD回路搭載、歪率0.0095%、セパレーション69dBの凄いミニコンチューナーです。 2014/11/03
KENWOOD KT-880 故障品の修理調整した報告です。 2016/08/21
KENWOOD KT-929 ミニコンサイズながらKT-1100DやKT-2020に匹敵する実力機。 2017/06/18
KENWOOD KT-1100D 現在の留守録専用チューナーで・・取説とカタログPDFあり 2006/12/27
KENWOOD KT-1100D 修理調整記録 修理依頼品の作業報告です。やはり受信感度は抜群によいです。 2015/11/29
KENWOOD KT-1100D 修理調整記録2 修理依頼品の作業報告です。特に故障箇所は無く再調整で復活しました。 2016/11/06
KENWOOD KT-1100D 修理調整記録3 修理依頼品の作業報告です。同調点が大幅にズレていました。 2017/02/12
KENWOOD KT-1100D 修理調整記録4 修理依頼品の作業報告です。L12が劣化しているようです。 2017/06/25
KENWOOD KT-1010F 修理調整記録1 電源を入れても「1888」しか表示されない故障品の修理記録です 2016/06/26
KENWOOD KT-1010F 修理調整記録2 QR検波同調コイルの容量抜けでした。同等部品を探して交換しました。 2016/07/17
KENWOOD KT-2020 KT-1100Dの前身機。外観はほとんど変わらないが実は・・取扱説明書PDFあり 2007/03/28
KENWOOD KT-2020 修理記録 KENWOODサービスにて細部の点検調整を実施。費用明細などを詳しく・・ 2007/04/13
KENWOOD KT-2020 C104 KT-2020のPLL検波段にあるC104[220uF 10V]の極性が逆に取り付けられて・・?? 2008/04/19
KENWOOD KT-2020 修理調整記録 特に不具合は無く、再調整だけで良い性能を取り戻しました。 2015/10/11
KENWOOD KT-2020 修理調整記録2 今後も長く使いたい、、というご依頼でした。再調整だけで蘇りました。 2016/02/28
KENWOOD KT-3030 KT-3030の修理調整作業を承りました。作業内容の記録です。 2016/01/10
KENWOOD KT-7020 1989年のFM/AM/TVチューナーです。TVは使い道ありませんがFMはとてもイイ!! 2013/04/28
KENWOOD KT-V990 中身はKT-7020と同じです。FM/AMチューナーとしてまだ使えます。 2016/05/01
KENWOOD KTF-5002 AMステレオ放送対応、FM検波出力端子装備のミニコン用チューナーです・・ 2008/08/16
Lo-D FT-8000 1978年製、シンセサイザー式チューナー黎明期の希少機種です。 2015/01/18
ALPINE/LUXMAN T-117 電波状況に応じてPLL検波/パルスカウント検波を自動切替、さらにLA3450搭載。 2016/06/12
LUXMAN T-530 コンピュータ制御のシンセチューナー。C.A.T.システムが勉強になりました。 2015/12/06
Marantz ST-5 シャンパンゴールド、高級感漂うFM/AMチューナーです、、 2013/07/14
ONKYO T-405W FM受信周波数が76〜108MHzに対応している機種です。そうAM局のFM化に、、 2014/09/14
ONKYO T-405X T-405Wに引き続き入手。内部はほぼ同じものですね。 2014/09/21
ONKYO T-422M FM受信範囲76MHz〜108MHz、AMステレオ対応、美品、これを残します。 2014/10/05
ONKYO Integra T-445XG 内部は445XXと同じ。最終段のLPFが左右とも故障していました。 2017/07/01
ONKYO Integra T-445XX 1987年頃のFM/AMチューナーです。バブルだったあの頃は、、 2014/01/19
PIONEER F-120/F-120D 音が良いと評判のF-120を入手。後継機のF-120Dとの比較一覧表をまとめ・・ 2009/01/31
PIONEER F-120 2号機 F-120(1号機)は不調だったので、2号機を探していました・・ 2009/05/23
PIONEER F-120 3号機 定番のメモリーボタン不具合を修理してグッドコンディションになりました、、 2014/02/16
PIONEER F-120D 放送局を登録するメモリーボタンの修理記録と取扱説明書(PDFファイル) 2006/11/04
PIONEER F-120D 修理記録1 1985年製F-120Dの調整をパイオニアサービスにお願いしました・・ 2007/01/26
PIONEER F-120D 修理記録2 修理から戻ってきました。ステレオセパレーションの調整が効いています・・ 2007/02/01
PIONEER F-120D 5号機 たぶん5台目?ガタガタ調整ズレでしたが再調整で本来の性能を取り戻しました、、 2012/08/19
PIONEER F-580 F-780にそっくりの弟機、パルスカウント検波かと思ったら、、、 2013/02/09
PIONEER F-717 ARTS:Active Real Time Tracing Systemがとっても勉強になりました。 2015/12/20
PIONEER F-780 ようやくパイオニア製パルスカウント検波チューナーが5台揃いました・・ 2009/05/30
SANSUI T-α77 調整のご依頼をいただきましたが、中を見ると調整箇所がほとんどない、、 2012/08/05
SANSUI TU-α307 実験材料に寄付していただいたチューナーを整備しました。 2017/07/16
SANSUI SLDD TU-S707XやTU-α707などサンスイ製チューナーには[SLDD]というロゴマークが・・ 2008/05/11
SANSUI TU-S707X 修理調整記録1 実家の倉庫で見つけたサンスイの85年製チューナーの調整にチャレンジ・・
あれから一年、再調整、再々調整を重ねた結果です・・
2007/06/05
2008/05/17
SANSUI TU-S707X 修理調整記録2 今回はシルバーモデルです。実機は初めてお目にかかりました・・・ 2010/04/29
SANSUI TU-S707X 修理調整記録3 修理依頼品の作業報告です。久しぶりにSLDDの音を聴きました。 2015/06/21
SANSUI TU-S707X 修理調整記録4 故障品の修理記録です。TC9147BPが故障していました。初体験です。 2017/02/19
SANSUI TU-S707X DECADE TU-S707X との違いを確かめたくて故障を承知で買ってきました・・ 2008/09/14
SANSUI TU-S707X DECADE 修理調整記録1 再調整だけで復活するかと思ったら、、予想外の大手術になりました。 2016/01/31
SONY Wave Optimizer Technology 1987年10月発行「SONY ES テクノロジーカタログ」を入手しました・・ 2007/09/02
SONY ST-S222ESR 333ESG/ESAと共通部品が多いので補修部品確保用には最適・・ 2008/04/12
SONY ST-S333ESA ST-S333ESAとST-S333ESGの比較記事です。使用コンデンサ一覧表も・・ 2007/12/11
SONY ST-S333ESA(改) ST-S333ESAのコンデンサー55個を交換してみました。劇的に音が変わりましたが・・ 2007/12/29
SONY ST-S333ESG 2007年1月末にリサイクルショップで本体のみ税込2,000円で購入しました・・・・ 2007/02/27
SONY ST-S333ESG 修理記録 ハンダクラックの補修と、スーパーキャパシタを交換しました・・ 2007/03/04
SONY ST-S333ESG 修理調整記録2 特に不具合は無かったです。再調整で良い性能を取り戻しました。 2016/07/24
SONY ST-S333ESG 修理調整記録3 偶然ですが、ESGの再調整記事の連投です。 2016/08/07
SONY ST-S333ESJ ST-S333ESJの再調整をお引き受けしました。ESG/ESA/ESJの三台比較表作成、、 2012/01/21
SONY ST-S333ESJ 修理調整記録1 AMステレオ対応機です。再調整で良い性能を取り戻しました。 2017/04/23
SONY ST-S333ESXII SONYの333シリーズはESXU→ESG→ESA→ESJと新製品が出るたび・・ 2007/06/20
SONY ST-S333ESXII 修理調整記録1 修理調整依頼品です。作業記録として残します。 2014/11/23
SONY ST-S333ESXII 修理調整記録2 修理依頼品の作業報告です。アースバーに3箇所のハンダクラック、、 2015/03/01
SONY ST-S333ESXII 修理調整記録3 修理依頼品の作業報告です。FM同調点が大きくズレていました、、 2015/04/05
SONY ST-S333ESXII 修理調整記録4 修理依頼品の作業報告です。オーディオ回路のLPFが今までの個体と違います、、 2015/06/14
SONY ST-S333ESXII 修理調整記録5 修理依頼品の作業報告です。ハンダクラックが多数ありました。 2015/11/01
SONY ST-S333ESXII 修理調整記録6 ようやくLA3450搭載機に巡り合えました。タクトスイッチ交換で復活です。 2017/04/16
SONY ST-S555ESX 1986年製、後の333シリーズの原点とも言うべき機種が眠っていた、、 2013/08/19
SONY ST-S555ESX 修理調整記録 不規則に混入する雑音は発生源の特定が難しいです。今回は幸運にも、 2017/01/29
SONY ST-SA50ES AMステレオ放送に対応したES機です。再調整で復活しました。 2016/09/04
SONY ST-J60 故障品を貰って手入れしました。MPX部はKB4437でした、、 2013/06/02
SONY ST-J75 放送局名を表示するプレートをイラストレータで自作しました・・ 2006/10/19
SONY ST-J75 (2) 放送局名を表示するプレートの自作記事の続編・・ 2006/10/20
SONY ST-J75 2号機 調整記録 調整依頼品です。不具合は無く調整だけで良い性能を取り戻しました。 2014/08/17
Technics ST-C03 コンサイスシリーズのシンセチューナーです。アナログST-C01と同サイズで・・ 2008/08/21
Technics ST-C04 ST-C01、ST-C03 に次いでコンサイスシリーズ3台目を確保しましたが、、 2012/06/10
Technics ST-C04 2号機 ST-C04の2号機を入手。キャパシタ交換、F端子改造など懸案を解決、、 2013/07/21
Technics ST-G7 故障品として入手しましたが、じつは完動品でした。こんな事もあるんですね・・ 2007/08/04
Technics ST-S6 ST-S8と同じ基板を使っていました。部品はかなり省略されています、、 2017/04/02
Technics ST-S7 背面にマルチパス出力端子があります。TU-S707Xのデコーダー部をセットで活用・・ 2008/11/08
Technics ST-S8 1981年製、発売時の定価98,000円のテクニクス高級チューナーです・・ 2007/09/13
Technics ST-S8 修理調整記録 キャパシタ交換は見送りましたが、メモリ登録以外は復活しました。 2017/01/08
TRIO KT-9X トリオ製シンセチューナーで唯一のパルスカウント検波搭載機。 2017/06/11
TRiO KT-770 525円のジャンク品でしたがイイ音で鳴っています、、 2013/01/12
TRiO KT-770 修理調整記録 薄型でデザインがすっきりした実力機です。 2016/10/09
TRIO KT-1010 社名変更と共にKENWOOD KT-1010Uに変更、さらにモデルチェンジでKT-1010F・・ 2008/04/06
TRIO KT-1010 修理調整記録 定価59,800円、トリオ製品の中では入門機の位置付けですが性能は上々、、 2013/12/08
TRIO KT-1010 修理調整記録2 修理依頼品の作業報告です。不調原因は結局分かりませんが正常動作しています、、 2015/07/05
Victor FX-711 電源が入らない故障品の修理記録です。 2015/12/27
Victor FX-711 修理調整記録2 故障品2台セットを何とか復活させられました。 2016/04/10
Victor FX-F1 ミニコンポのチューナー部でした。AMステレオ対応機です。 2014/05/04
Victor T-7070 解体記録 Victor T-7070 は 輸出仕様機 JVC T3030と同じ構成と判明・・ 2009/03/25
Victor T-7070 (2) 古いオーディオ雑誌で T-7070 の記事を発見、定価160,000円!ビックリです! 2009/04/02
Victor T-7070 (3) Victor T-7070 はPLL検波??疑問が膨らみました・・ 2009/06/13
Victor T-X55 コンピュータコントロールがセールスポイントか? 2010/12/17
YAMAHA T-6 ようやく巡り合えた、、YAMAHA初のシンセチューナーです、、 2011/07/28
YAMAHA T-6a 1980年のヤマハチューナーです。久しぶりのシンセチューナー・・ 2010/01/11
YAMAHA T-8 YAMAHA T一桁シリーズのシンセチューナー、どうやらYAMAHA T-70 と同じもの?? 2010/08/21
YAMAHA T-2000W 輸出仕様機のサービスマニュアルが入手できたのでしっかり調整できました・・ 2008/01/06
YAMAHA TX-100 1990当時の定価39,800円のTV/FM/AMチューナーですが予想外の高性能で・・ 2011/04/02
YAMAHA TX-900 実験材料に寄付していただいたチューナーを整備しました。 2017/07/30
YAMAHA TX-2000 ヤマハ製高級チューナーの整備記録です 2016/04/03
YAMAHA TX-2000 修理調整記録 YAMAHAデザインはカッコイイですね。惚れ惚れする美しさです。 2017/01/15

レシーバー

記事タイトル 記事概要 年月日
Lo-d HCC-8 FM/AMチューナー内蔵プリアンプです。レシーバーの仲間に入れておきます、、 2013/07/07
MARANTZ SR1100 薄型、ゴールドフェイス、廉価機ながら高級感あってなかなか良いです、、 2014/06/29
MARANTZ SR4000 (1) また買っちゃいました。中古不動ジャンク品のレシーバーです、、 2012/04/29
MARANTZ SR4000 (2) セレクターを分解清掃、音はクリアになったもののまだスピーカーから音が出ない、、 2012/04/30
MARANTZ SR4000 (3) 電源部の電解コンデンサ、トランジスタ交換、、でもスピーカーから音が出ない、、 2012/05/03
MARANTZ SR4000 (4) 残念、時間切れ。でも、デジタルアンプを組み込む方法はいかが??? 2012/05/04
National SC-9250GL たぶん1970年前後の製品か? 昭和レトロな感じイイんですね、、 2017/07/23
PIONEER SX-100S 1970年頃の製品ですが、オートチューニング機構搭載でビックリ! 2013/09/01
PIONEER SX-535 レーシーバー軍団勢ぞろい目指して進行中。 2016/05/08
PIONEER SX-717 ジャンク品を入手して修理中です。レーシーバー軍団勢ぞろい目指してがんばります。 2014/08/24
PIONEER SX-737(1) 全幅50cmと巨大です。MPX部ICは HA1156、これならちょっと期待できるかも、、 2011/12/31
PIONEER SX-737(2) 続編です。調整方法を記録しました、、 2012/01/04
PIONEER SX-757 1975年発売、SX-737と比較すると随分近代的な外観です、、 2014/03/30
SONY STR-6000 電源スイッチを部品取りするつもりで「超ジャンク機」を入手、、 2013/07/28
SONY STR-6060 1970年前後の製品と思います。ST-5000F似のデザインが素敵です、、 2013/03/10
SONY STR-7055 1973年頃の製品です。この時期のソニーデザインは惚れ惚れしますね〜 2010/10/31
SONY STR-7055 メンテナンス記録 本格的メンテナンス開始。まずは電解コンデンサ総交換から、、 2011/02/06
SONY STR-7065 STR-7055の上位機です。動作確認の様子をYouTubeにアップしました。 2011/10/16
SONY STR-7065 メンテナンス記録 STR-7055とほとんど同じ手順で調整できました。いい雰囲気です、、 2011/10/22
SONY STR-S3R 1981年製、シンセチューナーを内蔵したレシーバーです、、 2011/12/04
SONY STR-22 チューナー部はアナログ式なのにバリコンが無い、、 2012/03/31
TRIO KR-90 シンセチューナー内蔵のアンプ、レシーバーです。電源コードには1981の印字、、 2011/11/20
YAMAHA CR-600 1974年頃の製品です。難航したチューナー部の修理記録です。 2016/09/25

オーディオタイマー

記事タイトル 記事概要 年月日
A&D DC-135 時計表示不良の故障品でしたが修理できました、、、 2012/11/04
A&D DC-138 AKAI DT-138とまったく同じ外観で・・ 2007/11/01
AKAI DT-138 メンテナンス記録 電解コンデンサ交換、リレー清掃、タイマー調整などメンテナンスの作業記録・・ 2010/07/21
AKAI DT-138 AKAI DT-138をリサイクルショップで見かけ、つい購入してしまいました・・ 2007/06/01
AKAI DT-320 1983年製、AKAIのプログラマブル・オーディオタイマーです。DT-220は弟機で・・ 2007/10/16
National Audio Timer TE61/TE64 1976年と1977年の製品です。高校時代に使っていたオーディオタイマーです・・ 2007/08/27
National Audio Timer TE903 1970年後半、大学時代に愛用したタイマーです。操作方法は体が覚えていました・・ 2007/05/03
SONY PT-34S 電源部とコントロール部が分かれたセパレート型オーディオタイマーで・・ 2009/11/25
SONY PT-D9W 修理記録 SONY PT-D9W メモリー保持用スーパーキャパシタを交換しました・・ 2007/04/15
SONY PT-D9W ?号機 これで何台目か、、?よく分かりませんが、中古を見かけると買ってしまいます、、 2012/01/14
SONY PT-D9W vs TEAC TT-200 SONY PT-D9W(取説PDFあり)と 新品のTEAC TT-200を比較します・・ 2007/02/13
TEAC TT-200 分解記録 気が付いたら青い液晶が消えていました。バックライトが切れたようです・・ 2008/01/19
Technics SH-4060 同じTechnics製のST-G7と接続するとタイマー録音が可能になります・・ 2008/04/27
Technics SH-4060 3号機 3号機なんだけど、、あれ?2号機はどこへ?? まともに時計が読めます・・ 2011/06/02
REVEX PT50DW ホームセンターで1,280円で売ってるデジタルタイマーですがなかなか使えそう、、 2011/06/25

チューナー調整用測定機器、測定結果比較など

記事タイトル 記事概要 年月日
なめたネジを外すツール プラスネジのネジ穴が潰れることを「なめる」というそうです、、 2014/10/26
AUDIO CHECK CD FM変調器の外部入力にCDを繋ぎ、このCDから同一音源を送出すれば・・ 2007/11/04
BEHRINGER CT100 LED表示で接続状態が一目で分かるケーブルテスター。とにかく安い! 2008/12/06
EDIROL UA-101 24bit/192kHz対応USBオーディオインターフェイスです。96kHzまでWaveSpectraで・・ 2008/03/20
M-AUDIO M-TRACK 2×2M 24bit/192kHz USB-TypeC オーディオインターフェイス。久しぶりの買い替えです 2017/03/26
FM放送のような音 の実験 クラシックの名曲を素材にしてグライコで各帯域を調整し、FM放送のような音を再現・・ 2010/03/06
LEADER 3215 / National VP-7633A もはや素人趣味の範囲を超える・・と思いつつ、とうとう中古測定器を・・ 2007/10/24
MEGURO MSG-2170 DARC ENCODER、つまりFM多重信号を発生できます。しかもステレオ変調器内蔵、、 2012/05/06
PAL(P)-F(J)変換アダプタ YAMAHA製チューナーの特殊なアンテナ端子をF型端子に変換するアダプタ・・ 2007/12/16
PIONEER パルスカウントチューナー PIONEER F-700、F-500、F-780、F-120、F-120D パルスカウント機の一覧表 2009/05/27
SONY CTD-S100 CD-TEXTとFM文字多重放送を表示できるミニコン用別売ユニットです。 2008/05/25
TASCAM MM-200 音楽制作用アナログミキサーですが、これでFMチューナーの音質を聴き比べ・・ 2008/02/17
Technics シリアル番号の読み方 Technics ST-G7 のサービスマニュアル(英文)に解説が載っていました・・ 2009/07/25
TU-S707X MPXデコーダー化実験(1) 他のチューナーの検波出力をTU-S707Xの優秀なMPX部で復調する実験1・・ 2008/10/05
TU-S707X MPXデコーダー化実験(2) 他のチューナーの検波出力をTU-S707Xの優秀なMPX部で復調する実験2・・ 2008/10/25
TU-S707X MPXデコーダー化実験(3) 他のチューナーの検波出力をTU-S707Xの優秀なMPX部で復調する実験3・・ 2008/11/02
TU-S707X MPXデコーダー化実験(4) 約2年ぶりに電源部の電解コンデンサを全交換しました。まだ使ってますよ〜 2010/10/10
YAMAHA T-1〜T-9まとめサイト YAMAHA T-1、T-2、T-3、T-4、T-5、T-6、T-7、T-8、T-9 比較一覧表 2010/02/27

Copyright(C) BLUESS Laboratory, All Rights Reserved.